ケース 解  説 罰 則
 ウォーターハザードの標示杭が邪魔で
 打てないので、杭を抜いた時・・・
 ボールがハザード内ではなければ、OB杭
 と異なり、ウォーターハザードや修理池の
 標示杭は動かせる障害物となるので抜くこと
 ができます。
 ※抜けない場合は罰なしでドロップできます。
無罰
 池越えのショットで池は越えたが、
 ボールが斜面を転がって戻り、池に
 入った時・・・
 前位置から打ち直すか、ボールがウォーター
 ハザードの区域の限界を最後に横切った地点
 とホールを結んだ線上で、池の後方にドロップ
 して打ち直す。
1打罰
 打つ前に、バンカー内の砂のデコボコを
 直してしまった時・・・
 砂面のテストとみなされます。 2打罰
 水のない池にボールが入り葉がくっつい
 てたので取った時・・・
 水が入ってなくても池(ハザード)には変わり
 ません。ハザード内にあるルースインペディメン
 トを取り除くと、ペナルティとなります。
2打罰
 フェアウェイを横切っている小川に球が
 入り、流されてOBに入った時・・・
 OBになる。その球をプレーした所から打ち
 直しとなります。
1打罰
 池の方向にボールが飛び、辺りにボール
 が見つからず、池に入ったかどうかが
 わからない時・・・
 ウォーターハザードの処置をとるためには第三
 者の目撃などの合理的な立証が必要になる
 ので、これがない場合は紛失球として処理をし
 ます。
1打罰
 クラブヘッドが水面に触れた時・・・  ウォーターハザードでは打つ前に水面や地面に
 クラブが触れると違反となります。
1打罰