ケース 解  説 罰 則
 ティマーカーより前(区域外)にティアップ
 して打った時・・・
 ストロークプレーは2打罰で、区域内から打ち
 直さないと競技失格となります。
2打罰
 同伴者に使用クラブを聞いた時・・・  アドバイスを求めても、与えることも違反です。
 自分のキャ ディに聞くこと。
2打罰
 チョロをして、球がティーマーカーにくっつ
 いて打てない時・・・
 ティーショットの後は無罰でティーマーカーを
 除けて2打目をプレーして良い。ティーマーカ
 ーは必ず前位置に戻しておく。
無罰
 ティーショットが共用のカートに当たり、
 球がOB区域 に入ってしまった時・・・
 球が止まった所からプレーするのでOB。共用
 カートに当てた罰2打とOBの罰1打の計3打の
 罰となります。ティーグラン ドからの打ち直しは
 5打目となります。
3打罰
 同伴者や相手のクラブを間違えて使って
 しまった時・・・
 クラブを借りることはできますが、間違えて使用
 すれば違反になります。
2打罰
 第1打をチョロ、球はティーの区域内に
 あり、次打をティアップして打った時・・・
 ティーから第1打ストロークを行えばもうインプ
 レーの状態なので、拾い上げの罰1打が追加
 されリプレースしないと計2打の罰がつきます。
2打罰
 ティー・グラウンドでショットの邪魔になる
 木の枝があったので折った時・・・
 地面の改善は良いが、スイングの区域の改善
 は認められていません。
2打罰
 アドレスした時、ヘッドがボールに触れ、
 ティー・アップしたボールが落ちてしまっ
 た時・・・
 打つ意思を持ってないのでイン・プレーではな
 い為、再度ティー・アップして打てます。
無罰
 空振りしたらティー・アップしたボールが
 落ち、拾ってしまった時・・・
 打つ意思を持っていたイン・プレーの為、落ち
 ていた場所に戻してリプレースとなります。
1打罰
 ティショットがOBになった時・・・  ストロークと距離の罰(1罰打)を加え、次打は
 第3打として改めてティグラウンド区域内から
 打ち直す。
1打罰
 途中のホールで、ティーグランドを間違え
 て打ってしまった時・・・
 正規のティーグランドから打ち直します。ストロ
 ークプレーでは、もし打ち直さずそのままホール
 アウトし、次のホールの第1打を打ってしまうと
 競技失格となります。
2打罰