ケース 解  説 罰 則
 木の根本に球があってプレーが出来ない
 時・・・
 アンプレアブルの救済処置を次の3つのどれか
 を1打を加え選びます。
 1)元の場所に戻って打つ。
 2)球から2クラブ分(クラブはどれでも良い)の
  長さでホー ルに近づかない範囲内にドロッ
  プ。
 3)ホールと球を結ぶ 線の後方へドロップする。    ※距離の制限はない。
2打罰
 球が木の上に乗ってしまい、球は見える
 が自分の球か確認ができない時・・・
 球の識別ができなければロストボール扱いと
 なり、前位置にもどり打ち直しになります。
1打罰
 チョロをして、球がティーマーカーにくっつ
 いて打てない時・・・
 ティーショットの後は無罰でティーマーカーを除け
 て2打目をプレーして良い。ティーマーカーは
 必ず前位置に戻しておく。
無罰
 2つの球が同じ場所にあり、同じメーカー
 の同じマー ク同じ番号の球の為、どちら
 が自分の球かわからない時・・・
 判断がつかない場合は、2つとも紛失球扱いと
 なり、2人とも罰1打とその時のストロークを加え
 前の位置 に打ち直しに戻る。もしそれが第1打
 ならティーグランドに戻り、第3打目を打つことに
 なります。
無罰
 打ったボールが、止まっている人のボー
 ルに当たってしまった時・・・
 当てたボールは、止まった位置からプレーをし、
 当てられたボールは、前位置に戻してプレーを
 します。前位置が不明な場合は、ボールが止
 まっていたと思われる場所にできるだけ近い所
 にドロップする。
無罰
 打順を間違え、ホールに近いプレーヤー
 が先に打ってしまった時
 ストロークプレーでは打順を間違えても、ルール
 上の罰はありません。
無罰
 セカンドショットがOBの時・・・  その球を打った場所のできるだけ近く、ホール
 に近づかない所にドロップしてプレーします。
 この場合の打直しは第4打となります。
1打罰